県内全域でスギ花粉の本格飛散期を迎えています。特に八戸方面では大量飛散が始まっています。

【2017年】

   
3月28日 8個
57個

1400〜2000個
 
3月28日 25個
120個

3000〜4000個
 
 
3月28日 6個
56個

2000〜3000個
   
3月28日 90個
200個

2500〜3500個
3月28日 158個
707個

8500〜9500個

詳しい花粉飛散状況はこちら




  スギ花粉飛散予測グラフはこちら

2017.03.21(更新終了です)


弘前市で21日、22日と連続して二桁の花粉飛散が確認されました。21日が本格飛散日となります。予測グラフの更新は終了します。
2017.3.23
青森市でも3月18日が飛散開始日となりました。八戸市では3月19日から二桁のスギ花粉が観測され、本格飛散開始日となりました。
2017.3.21
むつ市では3月17日、弘前市では3月19日にスギ花粉飛散開始となりました。
2017.3.21
五所川原市でも3月18日が飛散開始となりました。
2017.3.20
八戸市で3月13日、14日と連続してスギ花粉飛散が観測されました。3月13日が飛散開始日となります。
2017.3.15
弘前市と五所川原市で3月13日に複数個のスギ花粉飛散が初観測されました。最高気温が7.7度と暖かかったため複数個の飛散となったと思われます。この先、暖かい日には花粉飛散数が増えると思われます。ご注意下さい。
2017.3.14
青森市で3月2日にスギ花粉が初観測されました。
2017.3.4
五所川原市でも花粉観測を開始しました。
2017.2.23
青森市でも花粉観測を開始しました。
2017.2.22
五所川原でも先週の暖かいときに、花粉症状が出始めた方がいるようです。雪がやんで気温が高くなると少しずつ発症する方が増えそうです。
2017.2.19
少量のスギ花粉飛散が観測されています。要注意時期に入りました。 暖かく天気の良い日にはご注意下さい。
2017.2.17
2月16日に八戸で初観測となりました。八戸から複数のスギ花粉症発症の情報も寄せられています。既に花粉症のプレシーズンに入ったようです。今日からまた寒波が入るようですが、寒波が抜けた後の気温の上昇とともに花粉飛散のリスクが高まりそうです。
2017.2.17
八戸市で敏感なロータリー型でスギ花粉の飛散が観測されました。公式記録用のダーラム型ではまだ飛散は確認されていませんが、そろそろスギ花粉症の症状が出始める方もいるかもしれません。ご注意下さい。
2017.2.15
八戸市でも花粉観測を開始しました。
2017.2.14
弘前市でもスギ花粉の観測を開始しました。
2017.2.14
2月9日にむつ市でスギ花粉が1個観測されました。初観測となります。スギ花粉に特に敏感な方は注意を怠らないようにして下さい。
2017.2.10
むつ市でスギ花粉観測を開始しました。
2017.2.7
花粉飛散予測グラフの更新を開始しました。
2017.1.23


Copyright(C) 青森県花粉情報研究会. All Rights Reserved